【乳房の冷え、下腹部の冷えを改善】

 

乳がん、子宮がん、卵巣がんといった女性特有の癌が低年齢化で増え続けています。
これは体の冷えが関係していると感じます。
女性は冷え性が多く、冷えからくる血行不良でがんが出来やすくなります。
乳房は突起しているため冷えやすく、また脂肪が多く血流が悪くなりやすい場所です。
体から突起していて、しかも脂肪ともなると一度冷えるとなかなか温まりません。
同じく下腹部も冷えやすい場所です。
子宮がん、卵巣がんの人は下腹部が上腹部より冷えています。
冷えている部位は必要な血液が行き届いていない証拠です。
血行が悪くなり、子宮筋腫や子宮がん、卵巣がんを引き起こしています。
この体の冷えは免疫低下につながっています。
子宮がん、前がん病変の人の共通点としてカンジタ症の経験がある人が多いこと
カンジダ菌は健康な女性でも皮膚、口の中、消化管、腟に存在する常在菌です。
しかし免疫力の低下により腟の中で増殖してカンジタ膣炎を発症してしまいます。
通常は膣内は細菌が増殖しづらいよう強い酸性の状態で保たれています。
ですが冷えやストレス、疲れなどで体温が下がると膣内がアルカリ性に傾き、細菌が増殖してしまうのです。
カンジタなどの細菌が増殖するということは免疫が下がっているということ

だから、がん細胞も増殖するということになりますね。
体温を保つことがどれだけ大切かよくわかります。

がんを自然退縮させた人は体温が高いようですね。
というよりも、体温を上げた人たちです。
免疫が活性化する体温は、脇の下で36.5℃ 舌下(内臓温度)で37.2℃
健康食品がよりよく働く体温です。
健康食品が体温を上げる?上がった体温で健康食品が活躍する?
どっちになっても有り難いことですね。